AZ-104 MCP 問題集 日本語版 本試験そっくり 予想的中問題 Microsoft Azure Administrator

通常価格 ¥7,980

税込

AZ-104 MCP Microsoft 問題集


Microsoft Azure Administrator

日本語版

PDFファイル 

236設問数

 

本問題集はベンダー試験の過去の出題傾向を踏まえて作成されています。

IT認定試験は大多数が4択形式の設問となっています。

一般の公式テキスト、参考書、赤本などでは網羅されていない過去問を効果的に学習することにより、極めて短期間で資格認定試験に合格が可能になります。

一般の書店の書籍とことなり、本問題集はお支払い後、すぐにダウンロードしていただき、学習を開始していただけます。

紙媒体とことなり、本問題集は電子フォーマットとなっておりますので、PCラップトップ、タブレット、スマートフォンなど、時・場所に左右されることなく学習ができます。

多くの方から本番試験の合格のご報告を頂戴しています。

 

 

無料サンプル問題

 

出題:133
AKS1という名前のAzureKubernetes Service(AKS)クラスターがあります。
AKS1用にクラスターオートスケーラーを構成する必要があります。
どの2つのツールを使用する必要がありますか?それぞれの正解は完全な解決策を提示します。
注:正しい選択はそれぞれ1ポイントの価値があります。

(A).kubectlコマンド
(B). azaksコマンド
(C). Set-AzVmコマンドレット
(D). Azureポータル
(E). Set-AzAksコマンドレット



解答:A、B



出題:134
Azureサブスクリプションで次のリソースを作成します。
•Registry1という名前のAzureContainerRegistryインスタンス。Cluster1という名前のAzureKubernetes Service(AKS)クラスター
管理ワークステーションでApp1という名前のコンテナイメージを作成します。
App1をクラスター1にデプロイする必要があります。
あなたは最初に何をすべきですか?

(A). dockerpushコマンドを実行します。
(B). AppServiceプランを作成します。
(C). az acrbuildコマンドを実行します。
(D). az akscreateコマンドを実行します。



解答:C



出題:136

VM1という名前の仮想マシンを含むAzureサブスクリプションがあります。VM1は、24時間利用可能な基幹業務アプリケーションをホストします。VM1には、1つのネットワークインターフェイスと1つの管理対象ディスクがあります。VM1はD4sv3サイズを使用します。
VM1に次の変更を加える予定です。
•サイズをD8sv3に変更します。
•500GBの管理対象ディスクを追加します。
•PuppetAgent拡張機能を追加します。
•望ましい状態の構成管理を有効にします。
どの変更がVM1のダウンタイムを引き起こしますか?

(A). 望ましい状態の構成管理を有効にする
(B). 500GBの管理対象ディスクを追加する
(C). サイズをD8sv3に変更します
(D). PuppetAgent拡張機能を追加します



解答:C



出題:137
注:この設問は、同じシナリオを提示する一連の設問の一部です。シリーズの各設問には、述べられた目標を達成する可能性のある独自の解決策が含まれています。一部の設問セットには複数の正しい解決策がある場合がありますが、他の設問セットには正しい解決策がない場合があります。
このセクションの設問に解答した後は、その設問に戻ることはできません。その結果、これらの設問はレビュー画面に表示されません。
サブスクリプション1という名前のAzureサブスクリプションがあります。サブスクリプション1には、RG1という名前のリソースグループが含まれています。RG1には、テンプレートを使用してデプロイされたリソースが含まれています。
RG1でリソースが作成された日時を表示する必要があります。
解決策:[サブスクリプション]ブレードからサブスクリプションを選択し、[リソースプロバイダー]をクリックします。
これは目標を達成していますか?

(A). はい
(B). いいえ



解答:B




出題:138


Subscription1という名前のAzureサブスクリプションがあります。
VM1という名前のLinux仮想マシンをSubscription1にデプロイします。
VM1のメトリックとログを監視する必要があります。
何を使うべきですか?

(A). Azure HDInsight
(B). Linux診断拡張機能(LAD)3.0
(C). Azure PerformanceDiagnostics拡張機能
(D). Azure Analysis Services



解答:C


出題:139
注:この設問は、同じシナリオを提示する一連の設問の一部です。シリーズの各設問には、述べられた目標を達成する可能性のある独自の解決策が含まれています。一部の設問セットには複数の正しい解決策がある場合がありますが、他の設問セットには正しい解決策がない場合があります。
このセクションの設問に解答した後は、その設問に戻ることはできません。その結果、これらの設問はレビュー画面に表示されません。
サブスクリプション1という名前のAzureサブスクリプションがあります。サブスクリプション1には、RG1という名前のリソースグループが含まれています。RG1には、テンプレートを使用してデプロイされたリソースが含まれています。
RG1でリソースが作成された日時を表示する必要があります。
解決策:RG1ブレードから、[自動化スクリプト]をクリックします。
これは目標を達成していますか?

(A). はい
(B). いいえ



解答:B




出題:140

Subscription1という名前のAzureサブスクリプションがあります。
VM1という名前のLinux仮想マシンをSubscription1にデプロイします。
VM1のメトリックとログを監視する必要があります。
何を使うべきですか?

(A). Azure HDInsight
(B). Linux診断拡張機能(LAD)3.0
(C). Azure PerformanceDiagnostics拡張機能
(D). Azure Analysis Services



解答:C



出題:141
注:この設問は、同じシナリオを提示する一連の設問の一部です。シリーズの各設問には、述べられた目標を達成する可能性のある独自の解決策が含まれています。一部の設問セットには複数の正しい解決策がある場合がありますが、他の設問セットには正しい解決策がない場合があります。
このセクションの設問に解答した後は、その設問に戻ることはできません。その結果、これらの設問はレビュー画面に表示されません。
サブスクリプション1という名前のAzureサブスクリプションがあります。サブスクリプション1には、RG1という名前のリソースグループが含まれています。RG1には、テンプレートを使用してデプロイされたリソースが含まれています。
RG1でリソースが作成された日時を表示する必要があります。
解決策:RG1ブレードから、「デプロイメント」をクリックします。
これは目標を達成していますか?

(A). はい
(B). いいえ



解答:A




出題:142
Subscription1という名前のAzureサブスクリプションがあります。
VM1という名前のLinux仮想マシンをSubscription1にデプロイします。
VM1のメトリックとログを監視する必要があります。
何を使うべきですか?

(A). Azure HDInsight
(B). Linux診断拡張機能(LAD)3.0
(C). Azure PerformanceDiagnostics拡張機能
(D). Azure Analysis Services



解答:C


出題:145
Windows Server2019を実行するVM1という名前のAzure仮想マシンがあります
VM1をテンプレート1という名前のテンプレートとしてAzureResourceManagerライブラリに保存します
テンプレート1からVM2という名前の仮想マシンを展開することを計画しています。
VM2の展開中に何を構成できますか?

(A). オペレーティング・システム
(B). 管理者のユーザー名
(C). 仮想マシンのサイズ
(D). リソースグループ



解答:B




出題:146
VM1という名前のAzure仮想マシンを含むAzureサブスクリプションがあります。VM1は、複数のアクティブなインスタンスをサポートしないApp1という名前の財務報告アプリを実行します。
月末に、App1の実行時にVM1のCPU使用率がピークになります。
月末にVM1のプロセッサパフォーマンスを向上させるには、スケジュールされたRunbookを作成する必要があります。
Runbookにはどのタスクを含める必要がありますか?

(A). Azure PerformanceDiagnosticsエージェントをVM1に追加します。
(B). VM1のVMサイズプロパティを変更します。
(C). VM1をスケールセットに追加します。
(D). サブスクリプションのVCPUクォータを増やします。
(E). VM1にDesiredState Configuration(DSC)拡張機能を追加します。



解答:E




出題:147
Azure Resource Managerテンプレートを使用して設定された仮想マシンスケールで、Windows Server2019を実行する複数のAzure仮想マシンを展開することを計画しています。
デプロイ後、すべての仮想マシンでNGINXが使用可能であることを確認する必要があります。
何を使うべきですか?

(A). Azure AppServiceのデプロイメントセンター
(B). 望ましい状態構成(DSC)拡張
(C). New-AzConfigurationAssignmentコマンドレット
(D). MicrosoftIntuneデバイス構成プロファイル



解答:B