AZ-303 MCP 問題集 日本語版 本試験そっくり 予想的中問題 Microsoft Azure Architect Technologies

通常価格 ¥7,980

税込

AZ-303 MCP Microsoft 問題集


Microsoft Azure Architect Technologies

日本語版

PDFファイル 

424設問数

 

本問題集はベンダー試験の過去の出題傾向を踏まえて作成されています。

IT認定試験は大多数が4択形式の設問となっています。

一般の公式テキスト、参考書、赤本などでは網羅されていない過去問を効果的に学習することにより、極めて短期間で資格認定試験に合格が可能になります。

一般の書店の書籍とことなり、本問題集はお支払い後、すぐにダウンロードしていただき、学習を開始していただけます。

紙媒体とことなり、本問題集は電子フォーマットとなっておりますので、PCラップトップ、タブレット、スマートフォンなど、時・場所に左右されることなく学習ができます。

多くの方から本番試験の合格のご報告を頂戴しています。

 

 

無料サンプル問題

 

出題:100
BLOBを格納し、AzureDatabricksからアクセスされるstorage1という名前のAzureStorageアカウントを作成することを計画しています。
Azure Active Directory(Azure AD)認証を使用して、個々のBLOBにアクセス許可を設定できることを確認する必要があります。
storage1に対してどの詳細設定を有効にする必要がありますか?

(A). 大きなファイル共有
(B). 階層的な名前空間
(C). NFS v3
(D). ブロブソフト削除



解答:B



出題:102
次のAzureActive Directory(Azure AD)テナントがあります。
•Contoso.onmicrosoft.com:Microsoft Office 365テナントにリンクされ、パスワードハッシュ同期を使用してcontoso.comという名前のActiveDirectoryフォレストに同期します。Contosoazure.onmicrosoft.com:Subscription1という名前のAzureサブスクリプションにリンクされています
contoso.comのユーザーにSubscription1のリソースへのアクセスを割り当てることができることを確認する必要があります。
あなたは何をするべきですか?

(A). パススルー認証を使用するようにcontoso.onmicrosoft.comを構成します。
(B). サブスクリプションをcontoso.onmicrosoft.comに関連付けます。Subscription1のすべての役割を再割り当てします。
(C). 2番目のAzureAD Connectサーバーをデプロイし、contoso.comをcontosoazureonmicrosoft.comに同期します。
(D). contoso.comをcontosoazure.onmicrosoft.comに同期するように既存のAzureADConnectサーバーを構成します。



解答:C



出題:103
アクセスキーを使用してデータベースにアクセスするAzureWebアプリがいくつかあります。
アクセスキーをAzureKeyVaultに移行することを計画しています。各アプリは、アクセスキーにアクセスするために、Azure Active Directory(Azure AD)を使用して認証する必要があります。
アプリがアクセスキーにアクセスできるようにするには、Azureで何を作成する必要がありますか?

(A). 管理されたID
(B). 管理対象アプリケーション
(C). Azureポリシー
(D). AppServiceプラン



解答:A




出題:104
KV1という名前のAzureキーボールトがあります。
AzureStorageに格納されているBLOBにデジタル署名するプロセスを実装する必要があります。
ブロブに署名するためにKV1で何が必要ですか?

(A). key
(B). 秘密
(C). 証明書



解答:B




出題:105
admin1@contoso.comという名前のユーザーの多要素認証ステータスを有効に設定します。

Admin1は、Webブラウザーを使用してAzureポータルにアクセスします。
Admin1がAzureポータルにアクセスするときに使用できる追加のセキュリティ検証はどれですか?

(A). 電話、確認コードを含むメールメッセージ、アプリのパスワードを含むテキストメッセージ。
(B). アプリのパスワード、確認コードを含むテキストメッセージ、およびMicrosoftAuthenticatorアプリから送信された確認コード。
(C). アプリのパスワード、確認コードを含むテキストメッセージ、およびMicrosoftAuthenticatorアプリから送信される通知。
(D). 電話、確認コードを含むテキストメッセージ、およびMicrosoftAuthenticatorアプリから送信される通知または確認コード。



解答:D



出題:107
あなたの会社にはAzureサブスクリプションがあります。
すべてのユーザーに対して多要素認証(MFA)を有効にします。
会社のヘルプデスクは、会社の本社で働いている間にMFA要求を受け取ったユーザーからの電話の増加を報告しています。
ユーザーがメインオフィスからサインインするときにMFA要求を受け取らないようにする必要があります。
あなたは何をするべきですか?

(A). Azure Active Directory(Azure AD)の条件付きアクセスから、名前付きのロケーションを作成します。
(B). MFAサービス設定から、信頼できるIP範囲を作成します。
(C). Azure Active Directory(Azure AD)の条件付きアクセスから、カスタムコントロールを作成します。
(D). Azure Active Directory(Azure AD)から、組織の関係を構成します。



解答:B




出題:109
ケーススタディ
これはケーススタディです。ケーススタディは個別にタイミングを合わせていません。各ケースを完了するのに必要なだけの試験時間を使用できます。ただし、この試験には追加のケーススタディとセクションがある場合があります。提供された時間内にこの試験に含まれるすべての設問を確実に完了することができるように、時間を管理する必要があります。
ケーススタディに含まれている設問に答えるには、ケーススタディで提供されている情報を参照する必要があります。ケーススタディには、ケーススタディで説明されているシナリオに関する詳細情報を提供する資料やその他のリソースが含まれている場合があります。このケーススタディでは、各設問は他の設問から独立しています。
このケーススタディの最後に、レビュー画面が表示されます。この画面では、試験の次のセクションに進む前に、解答を確認して変更を加えることができます。新しいセクションを開始した後は、このセクションに戻ることはできません。
ケーススタディを開始するには
このケーススタディの最初の設問を表示するには、[次へ]ボタンをクリックします。設問に答える前に、左側のペインのボタンを使用して、ケーススタディの内容を調べてください。これらのボタンをクリックすると、ビジネス要件、既存の環境、問題の説明などの情報が表示されます。ケーススタディに[すべての情報]タブがある場合、表示される情報は後続のタブに表示される情報と同じであることに注意してください。設問に答える準備ができたら、[設問]ボタンをクリックして設問に戻ります。
概要概要
Contoso、Ltd。は、世界中にオフィスを持つ製造会社です。Contosoはパートナー組織と協力して、製品を市場に投入します。
Contoso製品は、会社が作成および保守している青写真ファイルを使用して製造されています。
既存の環境
現在、Contosoは、次のような複数のタイプのサーバーを事業運営に使用しています。
ファイルサーバー。ドメインコントローラー
•MicrosoftSQLServerサーバー
ネットワークには、contoso.comという名前のActiveDirectoryフォレストが含まれています。すべてのサーバーとクライアントコンピューターがActiveDirectoryに参加しています。
App1という名前の公開アプリケーションがあります。App1は、次の3つの層で構成されています。
SOLデータベース
•SQLデータベース
•Webフロントエンド
•処理中間層
各層は5台の仮想マシンで構成されています。ユーザーは、HTTPSのみを使用してWebフロントエンドにアクセスします。
要件
計画された変更
Contosoは、インフラストラクチャに次の変更を実装することを計画しています。
•App1のすべての層をAzureに移動します。
•既存の製品ブループリントファイルをAzureBlobストレージに移動します。
•今後のMicrosoftOffice365移行プロジェクトをサポートするハイブリッドディレクトリを作成します。
技術要件
Contosoは、次の技術要件を満たす必要があります。
•App1のすべての仮想マシンをAzureに移動します。
アプリ1の階層間で開いているポートの数を最小限に抑えます。
•App1のすべての仮想マシンがバックアップによって保護されていることを確認します。
•ブループリントファイルをインターネット経由でAzureにコピーします。
•ブループリントファイルがアーカイブストレージ層に保存されていることを確認します。
•ブループリントファイルへのパートナーアクセスが保護され、一時的であることを確認します。
•ユーザーパスワードまたはパスワードのハッシュがAzureに保存されないようにします。
•仮想マシンのハードディスクには、管理されていない標準ストレージを使用します。
•ユーザーがデバイスをAzureActive Directory(Azure AD)に参加させるときに、ユーザーが携帯電話を使用してIDを確認するようにします。
•可能な限り、管理作業を最小限に抑えます。
ユーザー要件
Contosoは、ユーザーに対する次の要件を識別します。
•Pilotという名前のグループの一部であるユーザーのみがデバイスをAzureADに参加できるようにします。
•Azureサブスクリプションのサービス管理者としてAdmin1という名前の新しいユーザーを指定します。
•Admin1は、サービスの停止に関する電子メールアラートを受信する必要があります。
•User3という名前の新しいユーザーがAzureサブスクリプションのネットワークオブジェクトを作成できることを確認します。
技術要件を満たすIDソリューションを推奨する必要があります。
あなたは何を推奨しますか?

(A). パスワードハッシュ同期とシングルサインオン(SSO)
(B). フェデレーションシングルサインオン(SSO)およびActive Directoryフェデレーションサービス(AD FS)
(C). パススルー認証とシングルサインオン(SSO)
(D). クラウドのみのユーザーアカウント



解答:C


出題:113
注:この設問は、同じシナリオを提示する一連の設問の一部です。シリーズの各設問には、述べられた目標を達成する可能性のある独自の解決策が含まれています。一部の設問セットには複数の正しい解決策がある場合がありますが、他の設問セットには正しい解決策がない場合があります。
このセクションの設問に解答した後は、その設問に戻ることはできません。その結果、これらの設問はレビュー画面に表示されません。
Windows Server2019を実行するServer1という名前のサーバーがあります。サーバー1はコンテナーホストです。
コンテナイメージを構築するためのDockerfileを作成しています。
サーバー1のFile1.txtという名前のファイルを、コンテナーイメージ内のC:Folderという名前のフォルダーに追加する必要があります。
解決策:Dockerfileに次の行を追加します。
COPY File 1.txt/Folder 1/
次に、コンテナイメージを作成します。
これは目標を達成していますか?

(A). はい
(B). いいえ



解答:A





出題:114
注:この設問は、同じシナリオを提示する一連の設問の一部です。シリーズの各設問には、述べられた目標を達成する可能性のある独自の解決策が含まれています。一部の設問セットには複数の正しい解決策がある場合がありますが、他の設問セットには正しい解決策がない場合があります。
このセクションの設問に解答した後は、その設問に戻ることはできません。その結果、これらの設問はレビュー画面に表示されません。
Windows Server2019を実行するServer1という名前のサーバーがあります。サーバー1はコンテナーホストです。
コンテナイメージを構築するためのDockerfileを作成しています。
サーバー1のFile1.txtという名前のファイルを、コンテナーイメージ内のC:Folderという名前のフォルダーに追加する必要があります。
解決策:Dockerfileに次の行を追加します。
XCOPY File 1.txt C: Folder 11

次に、コンテナイメージを作成します。
これは目標を達成していますか?

(A). はい
(B). いいえ



解答:B





出題:115
注:この設問は、同じシナリオを提示する一連の設問の一部です。シリーズの各設問には、述べられた目標を達成する可能性のある独自の解決策が含まれています。一部の設問セットには複数の正しい解決策がある場合がありますが、他の設問セットには正しい解決策がない場合があります。
このセクションの設問に解答した後は、その設問に戻ることはできません。その結果、これらの設問はレビュー画面に表示されません。
Windows Server2019を実行するServer1という名前のサーバーがあります。Server1はコンテナーホストです。
コンテナイメージを構築するためのDockerfileを作成しています。
サーバー1のFile1.txtという名前のファイルを、コンテナーイメージ内のC:Folderという名前のフォルダーに追加する必要があります。
解決策:Dockerfileに次の行を追加します。
ADD File 1.txt C:/Folder 11
次に、コンテナイメージを作成します。
これは目標を達成していますか?

(A). はい
(B). いいえ



解答:B





出題:116
注:この設問は、同じシナリオを提示する一連の設問の一部です。シリーズの各設問には、述べられた目標を達成する可能性のある独自の解決策が含まれています。一部の設問セットには複数の正しい解決策がある場合がありますが、他の設問セットには正しい解決策がない場合があります。
このセクションの設問に解答した後は、その設問に戻ることはできません。その結果、これらの設問はレビュー画面に表示されません。
Windows Server2019を実行するServer1という名前のサーバーがあります。サーバー1はコンテナーホストです。
コンテナイメージを構築するためのDockerfileを作成しています。
サーバー1からコンテナーイメージのC:\ Folder1という名前のフォルダーにFile1.txtという名前のファイルを追加する必要があります。
解決策:Dockerfileに次の行を追加します。
Copy-Item File 1.txt C:\Folder 1 File 1.txt
次に、コンテナイメージを作成します。
これは目標を達成していますか?

(A). はい
(B). いいえ



解答:B