AZ-900 MCP 問題集 日本語版 本試験そっくり 予想的中問題 Microsoft Azure Fundamentals

通常価格 ¥7,980

税込

AZ-900 MCP Microsoft 問題集


Microsoft Azure Fundamentals

日本語版

PDFファイル 

192設問数

 

本問題集はベンダー試験の過去の出題傾向を踏まえて作成されています。

IT認定試験は大多数が4択形式の設問となっています。

一般の公式テキスト、参考書、赤本などでは網羅されていない過去問を効果的に学習することにより、極めて短期間で資格認定試験に合格が可能になります。

一般の書店の書籍とことなり、本問題集はお支払い後、すぐにダウンロードしていただき、学習を開始していただけます。

紙媒体とことなり、本問題集は電子フォーマットとなっておりますので、PCラップトップ、タブレット、スマートフォンなど、時・場所に左右されることなく学習ができます。

多くの方から本番試験の合格のご報告を頂戴しています。

 

 

無料サンプル問題

 

出題:51
Windows Server2016を実行するVM1という名前の仮想マシンがあります。VM1は米国東部のAzureリージョンにあります。
VM1の可用性に影響を与える可能性のあるサービス障害通知を表示するには、AzureポータルからどのAzureサービスを使用する必要がありますか?

(A). AzureServiceFabric
(B). Azureモニター
(C). Azure仮想マシン
(D). Azure Advisor



解答:C




出題:52
注:この設問は、同じシナリオを提示する一連の設問の一部です。シリーズの各設問には、述べられた目標を達成する可能性のある独自の解決策が含まれています。一部の設問セットには複数の正しい解決策がある場合がありますが、他の設問セットには正しい解決策がない場合があります。
このセクションの設問に解答した後は、その設問に戻ることはできません。その結果、これらの設問はレビュー画面に表示されません。
Azure管理者は、Azureリソースを作成するPowerShellスクリプトを実行することを計画しています。
スクリプトの実行に使用するコンピューター構成を推奨する必要があります。
解決策:Linuxを実行し、AzureCLIツールがインストールされているコンピューターからスクリプトを実行します。
これは目標を達成していますか?

(A). はい
(B). いいえ



解答:B




出題:53
注:この設問は、同じシナリオを提示する一連の設問の一部です。シリーズの各設問には、述べられた目標を達成する可能性のある独自の解決策が含まれています。一部の設問セットには複数の正しい解決策がある場合がありますが、他の設問セットには正しい解決策がない場合があります。
このセクションの設問に解答した後は、その設問に戻ることはできません。その結果、これらの設問はレビュー画面に表示されません。
Azure管理者は、Azureリソースを作成するPowerShellスクリプトを実行することを計画しています。
スクリプトの実行に使用するコンピューター構成を推奨する必要があります。
解決策:Chrome OSを実行し、Azure CloudShellを使用するコンピューターからスクリプトを実行します。
これは目標を達成していますか?

(A). はい
(B). いいえ



解答:A




出題:54
注:この設問は、同じシナリオを提示する一連の設問の一部です。シリーズの各設問には、述べられた目標を達成する可能性のある独自の解決策が含まれています。一部の設問セットには複数の正しい解決策がある場合がありますが、他の設問セットには正しい解決策がない場合があります。
このセクションの設問に解答した後は、その設問に戻ることはできません。その結果、これらの設問はレビュー画面に表示されません。
Azure管理者は、Azureリソースを作成するPowerShellスクリプトを実行することを計画しています。
スクリプトの実行に使用するコンピューター構成を推奨する必要があります。
解決策:macOSを実行し、PowerShell Core6.0がインストールされているコンピューターからスクリプトを実行します。
これは目標を達成していますか?

(A). はい
(B). いいえ



解答:A




出題:55
10個の仮想ネットワークと100個の仮想マシンを含むAzure環境があります。
すべてのAzure仮想ネットワークへのインバウンドトラフィックの量を制限する必要があります。
何を作成する必要がありますか?

(A). 1つのアプリケーションセキュリティグループ(ASG)
(B). 10個の仮想ネットワークゲートウェイ
(C). 10個のAzureExpressRoute回路
(D). 1つのAzureファイアウォール



解答:D


出題:61
注:この設問は、同じシナリオを提示する一連の設問の一部です。シリーズの各設問には、述べられた目標を達成する可能性のある独自の解決策が含まれています。一部の設問セットには複数の正しい解決策がある場合がありますが、他の設問セットには正しい解決策がない場合があります。
このセクションの設問に解答した後は、その設問に戻ることはできません。その結果、これらの設問はレビュー画面に表示されません。
Azure環境があります。Androidオペレーティングシステムを実行するタブレットから新しいAzure仮想マシンを作成する必要があります。
解決策:Azure CloudShellでBashを使用します。
これは目標を達成していますか?

(A). はい
(B). いいえ



解答:A



出題:63
あなたの会社は、いくつかのサーバーをAzureに移動することを計画しています。
同社のコンプライアンスポリシーでは、FinServerという名前のサーバー は別のネットワークセグメント上にある必要があると規定されています
コンプライアンスポリシー要件を満たすために使用できるAzureサービスを評価しています。
どのAzureソリューションを推奨しますか?

(A). リソースグループFinServerおよび他のすべてのサーバーのための別のリソース・グループ
(B). FinServer用の仮想ネットワークと他のすべてのサーバー用の別の仮想ネットワーク
(C). FinServer用のVPNと他のサーバー用の仮想ネットワークゲートウェイ
(D). すべてのサーバーに1つのリソースグループとFinServerにリソースロック



解答:B



出題:64
Windows10を実行する複数のコンピューターからAzureStorageにネットワークドライブをマップすることを計画しています。
計画されたマップされたドライブ用にAzureでストレージソリューションを作成する必要があります。
何を作成する必要がありますか?

(A). AzureSQLデータベース
(B). 仮想マシンのデータディスク
(C). ストレージアカウントのファイルサービス
(D). ストレージアカウントのBlobサービス



解答:C