【的中!】AWS 問題集

AWS 問題集 的中模擬試験

AWSとは

 

AWS Certification はクラウドの専門知識を検証することで、専門家は需要の高いスキルを示し、組織は AWS を使ったクラウドイニシアチブにおいて効率的かつ革新的なチームを構築するのに役立ちます。個人やチームが独自の目標を達成できるように、役割と専門分野ごとに設計したさまざまな認定試験から選択します。クラウドプラクティショナー、アーキテクト、デベロッパー、および運用担当者の役割におけるロールベースの認定と、特定の技術分野の専門知識認定あり

 

合格問題集


本問題集はベンダー試験の過去の出題傾向を踏まえて作成されています。
IT認定試験は大多数が4択形式の設問となっています。
一般の公式テキスト、参考書、赤本などでは網羅されていない過去問を効果的に学習することにより、極めて短期間で資格認定試験に合格が可能になります。

サンプル問題

Dev Engineer Pro


出題:61
企業は、AWSにデプロイされたアプリケーションにCI / CDパイプラインを実装することを検討しています。同社はまた、セキュリティ上の欠陥をチェックするオンプレミスでホストされているソースコード分析ツールを持っています。ツールはまだAWSに移行されておらず、オンプレミスサーバーにのみアクセスできます。同社は、コードをコンパイルする前に、パイプラインの一部としてソースコードに対してチェックを実行することを検討しています。チェックは、完了するまでに数分から1時間かかります。DevOpsエンジニアはどのようにしてこれらの要件を満たすことができますか?

(A). AWS CodePipelineを使用してパイプラインを作成します。パイプラインにアクションを追加して、ソースステージの後にAWSLambda関数を呼び出します。Lambda関数に、CodePipelineからのソース入力に対してオンプレミスのソースコード分析ツールを呼び出させます。次に、関数は実行が完了するのを待ち、指定されたAmazonS3の場所に出力を配置します。
(B). AWS CodePipelineを使用してパイプラインを作成してから、カスタムアクションタイプを作成します。CodePipelineでジョブ要求をポーリングし、テストを開始して結果を返すオンプレミスサーバーのジョブワーカーを作成します。ソースステージの後にカスタムアクションを呼び出すようにパイプラインを構成します。
(C). AWSCodePipelineを使用してパイプラインを作成します。ソースステージの後にステップを追加して、ソースコード分析ツールでテストを呼び出すオンプレミスのホストされたWebサービスにHTTPSリクエストを送信します。分析が完了すると、Webサービスは、CodePipelineによって提供されるAmazon S3出力の場所に結果を配置することにより、結果を送り返します。
(D). AWSCodePipelineを使用してパイプラインを作成します。入力ソースコードをオンプレミスの場所にコピーするシェルスクリプトを作成します。ソースコード分析ツールを起動し、結果をCodePipelineに返します。ソースステージの後にカスタムスクリプトアクションを追加して、シェルスクリプトを呼び出します。


解答:B