AZ-204 MCP 問題集 日本語版 本試験そっくり 予想的中問題 Developing Solutions for Microsoft Azure

通常価格 ¥7,980

税込

AZ-204 MCP Microsoft 問題集


Developing Solutions for Microsoft Azure

日本語版

101設問数

 

本問題集はベンダー試験の過去の出題傾向を踏まえて作成されています。

IT認定試験は大多数が4択形式の設問となっています。

一般の公式テキスト、参考書、赤本などでは網羅されていない過去問を効果的に学習することにより、極めて短期間で資格認定試験に合格が可能になります。

一般の書店の書籍とことなり、本問題集はお支払い後、すぐにダウンロードしていただき、学習を開始していただけます。

紙媒体とことなり、本問題集は電子フォーマットとなっておりますので、PCラップトップ、タブレット、スマートフォンなど、時・場所に左右されることなく学習ができます。

多くの方から本番試験の合格のご報告を頂戴しています。

 

 

無料サンプル問題

 

出題:63
新しいAzureサブスクリプションがあります。従業員が機密データを表示するための内部Webサイトを開発しています。Webサイトは、認証にAzure Active Directory(Azure AD)を使用します。
Webサイトに多要素認証を実装する必要があります。
どの2つのアクションを実行する必要がありますか?それぞれの正解は、解決策の一部を示しています。
注:正しい選択はそれぞれ1ポイントの価値があります。

(A). Azure ADB2Cを使用するようにWebサイトを構成します。
(B). Azure ADで、新しい条件付きアクセスポリシーを作成します。
(C). Azure ADPremiumにアップグレードします。
(D). Azure ADで、アプリケーションプロキシを有効にします。
(E). Azure ADの条件付きアクセスで、ベースラインポリシーを有効にします。



解答:B、C




出題:64
Cassandraを使用してキーと値のデータを格納するJavaアプリケーションを開発しています。アプリケーションで新しいAzureCosmosDBリソースとCassandraAPLを使用することを計画しています。Cosmos DBCreatorsという名前のAzureActive Directory(Azure AD)グループを作成して、Azure Cosmosアカウント、データベース、およびコンテナーのプロビジョニングを有効にします。
Azure ADグループは、データへのアクセスに必要なキーにアクセスできないようにする必要があります。
AzureADグループへのアクセスを制限する必要があります。
どの役割ベースのアクセス制御を使用する必要がありますか?

(A). DocumentDBアカウントコントリビューター
(B). コスモスバックアップオペレーター
(C). CosmosDBオペレーター
(D). CosmosDBアカウントリーダー



解答:C




出題:65
注:この設問は、同じシナリオを提示する一連の設問の一部です。シリーズの各設問には、述べられた目標を達成する可能性のある独自の解決策が含まれています。一部の設問セットには複数の正しい解決策がある場合がありますが、他の設問セットには正しい解決策がない場合があります。
このセクションの設問に解答した後は、その設問に戻ることはできません。その結果、これらの設問はレビュー画面に表示されません。
AzureWebアプリとして実行されるWebサイトを開発しています。ユーザーは、Azure Active Directory(Azure AD)資格情報を使用して認証します。
Webサイトに対して、管理者、通常、および読者のいずれかのアクセス許可レベルをユーザーに割り当てることを計画しています。アクセス許可レベルを決定するには、ユーザーのAzureADグループメンバーシップを使用する必要があります。
承認を設定する必要があります。
解決策:認証された要求のみを許可し、AzureADログオンを要求するようにWebサイトのAzureWebアプリを構成します。
ソリューションは目標を達成していますか?

(A). はい
(B). いいえ



解答:B




出題:66
注:この設問は、同じシナリオを提示する一連の設問の一部です。シリーズの各設問には、述べられた目標を達成する可能性のある独自の解決策が含まれています。一部の設問セットには複数の正しい解決策がある場合がありますが、他の設問セットには正しい解決策がない場合があります。
このセクションの設問に解答した後は、その設問に戻ることはできません。その結果、これらの設問はレビュー画面に表示されません。
AzureWebアプリとして実行されるWebサイトを開発しています。ユーザーは、Azure Active Directory(Azure AD)資格情報を使用して認証します。
Webサイトに対して、管理者、通常、および読者のいずれかのアクセス許可レベルをユーザーに割り当てることを計画しています。アクセス許可レベルを決定するには、ユーザーのAzureADグループメンバーシップを使用する必要があります。
承認を設定する必要があります。
解決:
•新しいAzureADアプリケーションを作成します。アプリケーションのマニフェストで、グループMembershipClaimsオプションの値をAllに設定します。
Webサイトで、ユーザーがJWTから要求するグループの値を使用して、アクセス許可を決定します。
ソリューションは目標を達成していますか?

(A). はい
(B). いいえ



解答:A



出題:67
注:この設問は、同じシナリオを提示する一連の設問の一部です。シリーズの各設問には、述べられた目標を達成する可能性のある独自の解決策が含まれています。一部の設問セットには複数の正しい解決策がある場合がありますが、他の設問セットには正しい解決策がない場合があります。
このセクションの設問に解答した後は、その設問に戻ることはできません。その結果、これらの設問はレビュー画面に表示されません。
AzureWebアプリとして実行されるWebサイトを開発しています。ユーザーは、Azure Active Directory(Azure AD)資格情報を使用して認証します。
Webサイトに対して、管理者、通常、および読者のいずれかのアクセス許可レベルをユーザーに割り当てることを計画しています。アクセス許可レベルを決定するには、ユーザーのAzureADグループメンバーシップを使用する必要があります。
承認を設定する必要があります。
解決:
•新しいAzureADアプリケーションを作成します。アプリケーションのマニフェストで、アプリケーションに必要なアクセス許可レベルに一致するアプリケーションロールを定義します。
•適切なAzureADグループを各役割に割り当てます。Webサイトで、ユーザーがJWTから要求するロールの値を使用して、アクセス許可を決定します。
ソリューションは目標を達成していますか?

(A). はい
(B). いいえ



解答:B