Google Cloud 問題集 日本語版 本試験そっくり 予想的中問題 Google Associate Cloud Engineer

通常価格 ¥7,980

税込

Google Cloud 問題集
Google Associate Cloud Engineer

日本語版

172設問数

 

本問題集はベンダー試験の過去の出題傾向を踏まえて作成されています。

IT認定試験は大多数が4択形式の設問となっています。

一般の公式テキスト、参考書、赤本などでは網羅されていない過去問を効果的に学習することにより、極めて短期間で資格認定試験に合格が可能になります。

一般の書店の書籍とことなり、本問題集はお支払い後、すぐにダウンロードしていただき、学習を開始していただけます。

紙媒体とことなり、本問題集は電子フォーマットとなっておりますので、PCラップトップ、タブレット、スマートフォンなど、時・場所に左右されることなく学習ができます。

多くの方から本番試験の合格のご報告を頂戴しています。

 

 

無料サンプル問題

出題:1
あなたの会社のすべての従業員はGoogleアカウントを持っています。運用チームは、ComputeEngineで多数のインスタンスを管理する必要があります。このチームの各メンバーは、サーバーへの管理アクセスのみを必要とします。セキュリティチームは、資格情報の展開が運用効率が高く、特定のインスタンスにアクセスしたユーザーを特定できる必要があることを確認したいと考えています。あなたは何をするべきですか?

(A). 新しいSSHキーペアを生成します。チームの各メンバーに秘密鍵を渡します。各インスタンスのメタデータで公開鍵を構成します。
(B). チームの各メンバーに、新しいSSHキーペアを生成し、公開キーを送信するように依頼します。構成管理ツールを使用して、これらのキーを各インスタンスにデプロイします。
(C). チームの各メンバーに、新しいSSHキーペアを生成し、公開キーをGoogleアカウントに追加するように依頼します。このチームに対応するGoogleグループに「compute.OsAdminLogin」ロールを付与します。
(D). 新しいSSHキーペアを生成します。チームの各メンバーに秘密鍵を渡します。Cloud Platformプロジェクトで公開鍵をプロジェクト全体の公開SSH鍵として構成し、それぞれでプロジェクト全体の公開SSH鍵を許可します



解答:D




出題:2
単一のサブネットを持つカスタムVPCを作成する必要があります。サブネットの範囲はできるだけ大きくする必要があります。どの範囲を使用する必要がありますか?

(A). 0.0.0.0/0
(B). 10.0.0.0/8
(C). 172.16.0.0/12
(D). 192.168.0.0/16



解答:A




出題:3
Google CloudPlatform上のリレーショナルデータ用の費用効果の高いソリューションを選択して構成する必要があります。1つの地理的なロケーションで操作データの小さなセットを操作しています。ポイントインタイムリカバリをサポートする必要があります。あなたは何をするべきですか?

(A). Cloud SQL(MySQL)を選択します。[バイナリログを有効にする]オプションが選択されていることを確認します。
(B). Cloud SQL(MySQL)を選択します。[フェールオーバーレプリカの作成]オプションを選択します。
(C). CloudSpannerを選択します。2つのノードでインスタンスを設定します。
(D). CloudSpannerを選択します。インスタンスをマルチリージョンとして設定します。



解答:A




出題:4
最小限の手順で、複数のゾーンで実行されるComputeEngineインスタンスのグループのネットワーク負荷分散の自動修復を構成する必要があります。それぞれ10秒を3回試行しても応答しない場合は、VMの再作成を構成する必要があります。あなたは何をするべきですか?

(A). 既存のインスタンスグループを参照するバックエンド構成を使用してHTTPロードバランサーを作成します。ヘルスチェックをhealthy(HTTP)に設定します。
(B). 既存のインスタンスグループを参照するバックエンド構成を使用してHTTPロードバランサーを作成します。バランシングモードを定義し、最大RPSを10に設定します。
(C). 管理対象インスタンスグループを作成します。自動修復ヘルスチェックを正常(HTTP)に設定します。
(D). 管理対象インスタンスグループを作成します。自動スケーリング設定がオンになっていることを確認します。



解答:D




出題:5
gcloudに複数の構成を使用しています。最小限の手順を使用して、非アクティブな構成の構成済みKubernetesEngineクラスターを確認する必要があります。あなたは何をするべきですか?

(A). gcloud config configuration describeを使用して、出力を確認します。
(B). gcloud config configurationactivateとgcloudconfig listを使用して、出力を確認します。
(C). kubectl config get-contextsを使用して、出力を確認します。
(D). kubectl configuse-contextとkubectlconfig viewを使用して、出力を確認します。



解答:D




出題:6
あなたの会社は、クラウドストレージを使用して、ディザスタリカバリの目的でアプリケーションのバックアップファイルを保存しています。Googleが推奨する方法に従います。どのストレージオプションを使用する必要がありますか?

(A). マルチリージョンストレージ
(B). 地域ストレージ
(C). ニアラインストレージ
(D). コールドラインストレージ



解答:D




出題:7
あなたの会社の何人かの従業員がCloudPlatformでプロジェクトを作成し、会社が払い戻す個人のクレジットカードで支払いを行っています。同社は、これらすべてのプロジェクトを単一の新しい請求先アカウントに一元化したいと考えています。あなたは何をするべきですか?

(A). 銀行口座の詳細をcloud-billing@google.comに連絡し、会社の企業請求先アカウントをリクエストしてください。
(B). Googleサポートでチケットを作成し、電話でクレジットカードの詳細を共有するための電話を待ちます。
(C). Google Platform Consoleで、[リソース管理]に移動し、すべてのプロジェクトをルート組織に移動します。
(D). Google Cloud Platform Consoleで、新しい請求先アカウントを作成し、支払い方法を設定します。



解答:D




出題:8
IP10.0.3.21でライセンスサーバーを検索するアプリケーションがあります。ComputeEngineにライセンスサーバーを導入する必要があります。アプリケーションの構成を変更せず、アプリケーションがライセンスサーバーに到達できるようにする必要があります。あなたは何をするべきですか?

(A). gcloudを使用してIP10.0.3.21を静的内部IPアドレスとして予約し、ライセンスサーバーに割り当てます。
(B). gcloudを使用してIP10.0.3.21を静的パブリックIPアドレスとして予約し、ライセンスサーバーに割り当てます。
(C). IP 10.0.3.21をカスタムエフェメラルIPアドレスとして使用し、ライセンスサーバーに割り当てます。
(D). 自動エフェメラルIPアドレスを使用してライセンスサーバーを起動し、静的内部IPアドレスに昇格させます。



解答:A




出題:9
アプリケーションをAppEngineにデプロイしています。インスタンスの数をリクエストレートに基づいてスケーリングする必要があります。常に少なくとも3つの空いているインスタンスが必要です。どのスケーリングタイプを使用する必要がありますか?

(A). 3つのインスタンスを使用した手動スケーリング。
(B). min_instancesを3に設定した基本的なスケーリング。
(C). max_instancesを3に設定した基本的なスケーリング。
(D). min_idle_instancesを3に設定した自動スケーリング。



解答:D




出題:10
適切なIAMロールが定義された開発プロジェクトがあります。実稼働プロジェクトを作成していて、可能な限り少ない手順で、新しいプロジェクトで同じIAMロールを使用したいと考えています。あなたは何をするべきですか?

(A). gcloud iamロールを使用して、本番プロジェクトをコピー先プロジェクトとして指定します。
(B). gcloud iamロールを使用して、組織をコピー先の組織としてコピーして指定します。
(C). Google Cloud Platform Consoleで、「ロールからロールを作成」機能を使用します。
(D). Google Cloud Platform Consoleで、「ロールの作成」機能を使用して、該当するすべての権限を選択します。



解答:B




出題:11
ComputeEngineでVMをプロビジョニングする動的な方法が必要です。正確な仕様は、専用の構成ファイルにあります。Googleが推奨する方法に従います。どの方法を使用する必要がありますか?

(A). Deployment Manager
(B). CloudComposer
(C). マネージドインスタンスグループ
(D). アンマネージドインスタンスグループ



解答:C



出題:12
KubernetesEngineにデプロイする必要のあるDockerfileがあります。あなたは何をするべきですか?

(A). kubectl app deploy <dockerfilename>を使用します
(B). gcloud app deploy <dockerfilename>を使用します
(C). DockerfileからDockerイメージを作成し、ContainerRegistryにアップロードします。そのイメージを指すようにDeploymentYAMLファイルを作成します。kubectlを使用して、そのファイルでデプロイメントを作成します。
(D). DockerfileからDockerイメージを作成し、CloudStorageにアップロードします。そのイメージを指すようにDeploymentYAMLファイルを作成します。kubectlを使用して、そのファイルでデプロイメントを作成します。



解答:C



出題:13
開発チームには、プロジェクト用の新しいJenkinsサーバーが必要です。可能な限り少ない手順でサーバーをデプロイする必要があります。あなたは何をするべきですか?

(A). Jenkins JavaWARをダウンロードしてAppEngineStandardにデプロイします。
(B). 新しいComputeEngineインスタンスを作成し、コマンドラインインターフェイスからJenkinsをインストールします。
(C). Compute EngineでKubernetesクラスターを作成し、JenkinsDockerイメージを使用してデプロイを作成します。
(D). GCP Marketplaceを使用して、Jenkinsソリューションを起動します。



解答:D




出題:14
デプロイメントでリソースのダウンタイムを発生させることなく、DeploymentManagerでデプロイメントを更新する必要があります。どのコマンドを使用する必要がありますか?

(A). gcloud deployment-manager deployments create --config <deployment-config-path>
(B). gcloud deployment-manager deployments update --config<deployment-config-path>
(C). gcloud deployment-manager resources create --config<deployment-config-path>
(D). gcloud deployment-manager resources update --config <deployment-config-path>


解答:B




出題:15
BigQueryで重要なクエリを実行する必要がありますが、多くのレコードが返されることが期待されます。クエリの実行にかかる費用を調べたいと思います。オンデマンド価格設定を使用しています。あなたは何をするべきですか?

(A). このクエリの定額料金に切り替えてから、オンデマンドに戻るように手配します。
(B). コマンドラインを使用してドライランクエリを実行し、読み取られたバイト数を見積もります。次に、Pricing Calculatorを使用して、そのバイト見積もりをドルに変換します。
(C). コマンドラインを使用してドライランクエリを実行し、返されるバイト数を見積もります。次に、Pricing Calculatorを使用して、そのバイト見積もりをドルに変換します。
(D). select count(*)を実行して、クエリが参照するレコードの数を把握します。次に、PricingCalculatorを使用してその行数をドルに変換します



解答:B



出題:16
Google CloudPlatformで実行する単一のバイナリアプリケーションがあります。基盤となるインフラストラクチャのCPU使用率に基づいて、アプリケーションを自動的にスケーリングすることにしました。組織のポリシーでは、仮想マシンを直接使用する必要があります。アプリケーションのスケーリングが運用効率が高く、可能な限り迅速に完了するようにする必要があります。あなたは何をするべきですか?

(A). Google Kubernetes Engineクラスターを作成し、水平ポッド自動スケーリングを使用してアプリケーションをスケーリングします。
(B). インスタンステンプレートを作成し、自動スケーリングが構成されたマネージドインスタンスグループでテンプレートを使用します。
(C). インスタンステンプレートを作成し、時刻に基づいてスケールアップおよびスケールダウンするマネージドインスタンスグループでテンプレートを使用します。
(D). 一連のサードパーティツールを使用して、StackdriverのCPU使用率の監視に基づいて、アプリケーションのスケールアップとスケールダウンに関する自動化を構築します。



解答:B




出題:17
3つの別々のプロジェクトからのGoogleCloudPlatformサービスのコストを分析しています。この情報を使用して、標準のクエリ構文を使用して、今後6か月間のサービスタイプ別のサービスコスト見積もりを日次および月次で作成します。あなたは何をするべきですか?

(A). 請求書をCloudStorageバケットにエクスポートしてから、分析のためにCloudBigtableにインポートします。
(B). 請求書をCloudStorageバケットにエクスポートしてから、分析のためにGoogleスプレッドシートにインポートします。
(C). トランザクションをローカルファイルにエクスポートし、デスクトップツールを使用して分析を実行します。
(D). 請求書をBigQueryデータセットにエクスポートしてから、分析用のタイムウィンドウベースのSQLクエリを記述します。



解答:D




出題:18
特定のクラウドストレージリージョナルバケットに保存されている動画が90日後にコールドラインに移動され、作成から1年後に削除されるようにポリシーを設定する必要があります。ポリシーをどのように設定する必要がありますか?

(A). SetStorageクラスおよび削除アクションで経過時間条件を使用してCloudStorageオブジェクトライフサイクル管理を使用します。SetStorage Classアクションを90日に設定し、Deleteアクションを275日に設定します(365-90)
(B). SetStorageクラスおよび削除アクションで経過時間条件を使用してCloudStorageオブジェクトライフサイクル管理を使用します。SetStorage Classアクションを90日に設定し、Deleteアクションを365日に設定します。
(C). gsutil rewriteを使用して、削除アクションを275日(365-90)に設定します。
(D). gsutil rewriteを使用して、削除アクションを365日に設定します。



解答:A




出題:19
CloudSQLに接続する必要のあるLinuxVMがあります。適切なアクセス権を持つサービスアカウントを作成しました。VMがデフォルトのComputeEngineサービスアカウントではなく、このサービスアカウントを使用していることを確認する必要があります。あなたは何をするべきですか?

(A). Webコンソールを介してVMを作成する場合は、[IDとAPIアクセス]セクションでサービスアカウントを指定します。
(B). サービスアカウントのJSON秘密鍵をダウンロードします。プロジェクトメタデータで、そのJSONをキーcompute-engine-service-accountの値として追加します。
(C). サービスアカウントのJSON秘密鍵をダウンロードします。VMのカスタムメタデータで、そのJSONをキーcompute-engine-service-accountの値として追加します。
(D). サービスアカウントのJSON秘密鍵をダウンロードします。VMを作成したら、VMにSSHで接続し、JSONを-/。gcloud /compute-engine-service-account.jsonの下に保存します。



解答:A




出題:20
新しいバージョンの機能をテストするために、ComputeEngineでSQLServer2017のインスタンスを作成しました。最小限のステップ数でこのインスタンスに接続します。あなたは何をするべきですか?

(A). デスクトップにRDPクライアントをインストールします。ポート3389のファイアウォールルールが存在することを確認します。
(B). デスクトップにRDPクライアントをインストールします。GCPコンソールでWindowsのユーザー名とパスワードを設定します。資格情報を使用してインスタンスにログインします。
(C). GCPコンソールでWindowsパスワードを設定します。ポート22のファイアウォールルールが存在することを確認します。GCPコンソールの[RDP]ボタンをクリックし、ログインするための認証情報を入力します。
(D). GCPコンソールでWindowsのユーザー名とパスワードを設定します。ポート3389のファイアウォールルールが存在することを確認します。GCPコンソールの[RDP]ボタンをクリックし、ログインするための認証情報を入力します。



解答:B