ITIL 問題集 日本語版 本試験そっくり 予想的中問題 ITILFND V4

通常価格 ¥7,980

税込

ITIL 問題集


ITILFND V4

日本語版

259設問数

 

本問題集はベンダー試験の過去の出題傾向を踏まえて作成されています。

IT認定試験は大多数が4択形式の設問となっています。

一般の公式テキスト、参考書、赤本などでは網羅されていない過去問を効果的に学習することにより、極めて短期間で資格認定試験に合格が可能になります。

一般の書店の書籍とことなり、本問題集はお支払い後、すぐにダウンロードしていただき、学習を開始していただけます。

紙媒体とことなり、本問題集は電子フォーマットとなっておりますので、PCラップトップ、タブレット、スマートフォンなど、時・場所に左右されることなく学習ができます。

多くの方から本番試験の合格のご報告を頂戴しています。

 

 

無料サンプル問題

出題:1
サービスを改善するときに既存のサービス、プロセス、およびツールを使用することを推奨するITILガイド原則はどれですか?

(A). フィードバックを繰り返して進行する
(B). キープはシンプルで実用的です
(C). あなたがいるところから始める
(D). 価値に焦点を当てる



解答:C




出題:2
リスクが適切に評価されていることを確認することを含む目的を持っているプラクティスはどれですか?

(A). サービス構成管理
(B). 問題管理
(C). サービスレベル管理
(D). 変更管理



解答:D




出題:3
標準的な変更について、完全なリスク評価と承認をいつ実行する必要がありますか?

(A). 標準の変更が実装されるたび
(B). 標準変更の手順が作成されたとき
(C). 少なくとも年に一度
(D). 緊急変更が必要な場合



解答:B




出題:4
緊急の変更について正しい説明はどれですか?

(A). 変更を迅速に実装するために、緊急事態のテストを排除できます
(B). 緊急変更の評価と承認は、迅速に実施できるように迅速化されます
(C). 緊急の変更は、サービスリクエストとして承認および実装する必要があります
(D). 承認と実装の前に、緊急の変更を完全に文書化する必要があります



解答:B




出題:5
サービスリクエストとインシデントの分類、所有権、および伝達を調整するプラクティスはどれですか?

(A). サプライヤー管理
(B). サービスデスク
(C). 問題管理
(D). 関係管理



解答:B




出題:6
保証とはどれですか?

(A). 製品またはサービスが合意された要件を満たすことの保証
(B). 特定の活動またはリソースに費やされた金額
(C). 特定のニーズを満たすために製品またはサービスによって提供される機能
(D). 何かの認識された利点、有用性および重要性



解答:A




出題:7
サービス提供の一部はどれですか?

(A). サービスを提供するように構成されたリソースの管理
(B). サービスを利用するために必要なリソースの管理
(C). 1つ以上の製品に基づく1つ以上のサービスのグループ化
(D). 継続的な価値の共創を確保するために実施された共同活動



解答:A




出題:8
「継続的改善レジスター」に関するどの説明が正しいですか?

(A). 組織の上級レベルで管理する必要があります
(B). ユーザーの需要を捉えるために使用する必要があります
(C). 組織全体で1つだけ存在する必要があります
(D). アイデアが文書化されているので、優先順位を付け直す必要があります



解答:D




出題:9
「エンゲージ」、「プラン」、「改善」の例はどれですか?

(A). サービスバリューチェーン活動
(B). サービスレベル管理
(C). サービスバリューチェーンのインプット
(D). 変更管理



解答:A




出題:10
結果について正しい説明はどれですか?

(A). 結果は、複数の出力によって有効にできます
(B). 結果は、サービスのパフォーマンスです
(C). 出力は、1つ以上の結果によって有効にできます
(D). 結果は有形または無形の活動です



解答:A




出題:11
サービスデスクについて正しい説明はどれですか?

(A). サービスデスクは、サポートチームおよび開発チームと緊密に連携して機能する必要があります
(B). サービスデスクは、チームをサポートするためにエスカレーションではなく、セルフサービスポータルに依存する必要があります
(C). サービスデスクは、テクニカルサポートチームから隔離されたままにする必要があります
(D). サービスデスクは、すべての技術的な問題をサポートおよび開発チームにエスカレーションする必要があります



解答:A




出題:12
症状とビジネスへの影響に関連する情報を更新するプラクティスはどれですか?

(A). サービスレベル管理
(B). 変更管理
(C). サービスリクエスト管理
(D). 事故管理



解答:D




出題:13
「設計と移行」のバリューチェーン活動の目的に含まれるのはどれですか?

(A). 必要なときにサービスコンポーネントを利用できるようにする
(B). 透明性と良好な利害関係者の関係を提供する
(C). 仕様に応じたサポートサービス
(D). コストに対する利害関係者の期待に継続的に応える



解答:D




出題:14
合意されたすべてのユーザー開始サービス要求を処理することにより、サービスの品質をサポートする目的があるのはどのプラクティスですか?

(A). 変更管理
(B). ITアセット管理
(C). サービスデスク
(D). サービスリクエスト管理



解答:D




出題:15
サービスバリューシステムのコンポーネントではないものはどれですか?

(A). 指針となる原則
(B). ガバナンス
(C). プラクティス
(D). サービス管理の4つの側面



解答:D




出題:16
サービスリクエストを満たすための手順について正しい説明はどれですか?

(A). それらは複雑で詳細でなければなりません
(B). それらはよく知られていて証明されている必要があります
(C). インシデント処理を含める必要があります
(D). それらは簡潔で単純でなければなりません



解答:B




出題:17
1つ以上のインシデントの原因または潜在的な原因として何が定義されていますか?

(A). 変化
(B). イベント
(C). 既知のエラー
(D). 問題



解答:D




出題:18
価値の創造に貢献しない活動を排除することを推奨する指針はどれですか?

(A). あなたがいるところから始めましょう
(B). コラボレーションして可視性を促進する
(C). シンプルで実用的なものにしてください
(D). 最適化と自動化



解答:C




出題:19
問題の回避策の有効性はいつ評価する必要がありますか?

(A). 回避策が使用されるときはいつでも
(B). 問題が解決するときはいつでも
(C). 回避策が既知のエラーになるときはいつでも
(D). 問題が優先されるときはいつでも



解答:A




出題:20
次の文で不足している単語を特定します。
(A). 変更とは、[?]に直接または間接的な影響を与える可能性のあるものの追加、変更、または削除として定義されます。

(A). アセット
(B). 値
(C). 要素
(D). サービス



解答:D




出題:21
知識アセットをどのように保護するかを検討するのはどの次元ですか?

(A). 組織と人々
(B). パートナーとサプライヤー
(C). 情報と技術
(D). バリューストリームとプロセス



解答:C




出題:22
クライアントが特定のコストやリスクを管理することなく、クライアントが達成したい結果を促進することによって価値の共創を可能にする手段はどれですか?

(A). サービス管理
(B). 継続的改善
(C). サービス
(D). ITアセット



解答:C




出題:23
次の文で不足している単語を特定します。
情報セキュリティインシデントの管理には通常[?]が必要です。

(A). 即時エスカレーション
(B). スペシャリストチーム
(C). 別のプロセス
(D). サードパーティのサポート



解答:C




出題:24
ITILの指針となる原則は何に使用されますか?

(A). 組織が適切な意思決定を行うのを支援するため
(B). 組織を指揮および管理するには
(C). 価値あるサービスを提供するために組織が実行しなければならない活動を特定するため
(D). 組織のパフォーマンスが継続的に利害関係者の期待に応えることを保証するため



解答:A




出題:25
大規模な改善イニシアチブを小さな反復として管理するための正しいアプローチはどれですか?

(A). 各反復は、イニシアチブを開始する前に設計し、フィードバックなしで実装する必要があります
(B). フィードバックは、1回の反復で目的を達成できない場合にのみ考慮に入れる必要があります
(C). 状況が変わる可能性は低いため、大幅な改善のためにフィードバックを減らす必要があります
(D). 各反復は、フィードバックに基づいて継続的に再評価する必要があります



解答:D




出題:26
'展開管理プラクティスの目的はどれですか?

(A). サービスが合意された期待されるパフォーマンスを確実に達成するため
(B). 新規または変更されたサービスを使用できるようにするため
(C). 新規または変更されたコンポーネントをライブ環境に移動するには
(D). サービスパフォーマンスの明確なビジネスベースの目標を設定するには



解答:C




出題:27
サービスリクエストはどれですか?

(A). 問題の回避策をリクエストする
(B). ドキュメントの作成方法に関する情報の要求
(C). アプリケーションの拡張を要求する
(D). 劣化したサービスの調査を要求する



解答:B




出題:28
次の文で不足している単語を特定します。
サプライヤー管理慣行の目的は、組織のサプライヤーとその[?]が適切に管理され、高品質の製品とサービスのシームレスな提供をサポートすることを保証することです。

(A). 費用
(B). ユーザー
(C). 価値
(D). パフォーマンス



解答:D




出題:29
価値観の指針となる原則に焦点を当てることの推奨事項はどれですか?

(A). 「価値に焦点を合わせる」を経営者の責任にする
(B). 最初に新しく重要なプロジェクトの価値に焦点を当てる
(C). 最初にサービスプロバイダーの価値に焦点を当てる
(D). 改善のあらゆる段階で価値に焦点を当てる



解答:D




出題:30
手動タスクの標準化と合理化を推奨する指針はどれですか?

(A). 最適化と自動化
(B). コラボレーションして可視性を促進する
(C). 価値に焦点を当てる
(D). 全体的に考え、取り組む



解答:A




出題:31
改善を実装するための一連の定義済みステップを説明しているのはどれですか?

(A). 「改善する」バリューチェーン活動
(B). '継続的改善レジスタ
(C). '継続的改善モデル
(D). 「エンゲージ」バリューチェーン活動



解答:C




出題:32
サービスレベルアグリーメントを成功させるための重要な要件はどれですか?

(A). それは合法的な言語で書かれるべきです
(B). 簡単に書いて理解しやすいものにする必要があります
(C). これは、サービスプロバイダーのサービスに対する見方に基づいている必要があります
(D). 単純な運用指標に関連している必要があります



解答:B




出題:33
継続的改善を計画する場合、サービスの現在の状態を評価するためのどのアプローチが正しいですか?

(A). 組織は、メトリックの一貫性を確保するために、常に単一の手法を使用する必要があります
(B). 組織は常に長所、短所、機会、脅威(SWOT)分析を使用する必要があります
(C). 組織は常に、ニーズを満たす方法論と手法の能力を開発する必要があります
(D). 組織は常に、リーン、アジャイル、DevOpsの方法論を組み合わせたアプローチを使用する必要があります



解答:C




出題:34
サービスコンシューマーはディスクの削減にどのように貢献しますか?

(A). サービスの料金を支払うことによって
(B). サーバーハードウェアを管理する
(C). 制約を伝達することによって
(D). スタッフの可用性を管理することによって



解答:C




出題:35
単純なインシデントの診断と解決に役立つものはどれですか?

(A). 急速なエスカレーション
(B). 臨時チームの結成
(C). スクリプトの使用
(D). 問題の優先順位付け



解答:C




出題:36
インシデントの可能性を減らすことを含む目的を持っているITILプラクティスはどれですか?

(A). 変更管理
(B). 継続的改善
(C). 問題管理
(D). サービスデスク



解答:C




出題:37
ユーザーエクスペリエンスの測定に最適なサービスレベルの指標はどれですか?

(A). 単一のシステムベースのメトリック
(B). サービスの稼働時間の割合のメトリック
(C). 運用指標
(D). 定義された結果にリンクされたメトリック



解答:D




出題:38
サービスデスクのスタッフが必要とする最も重要なスキルはどれですか?

(A). インシデント分析スキル
(B). 技術的なスキル
(C). 問題解決スキル
(D). サプライヤー管理スキル



解答:A




出題:39
組織の文化について正しい2つの説明はどれですか?
•それは、その作業の実行方法に基づいて、共有された値から作成されます。これは、サービスをサポートするために使用されるテクノロジーのタイプによって決まります。それは、将来のサプライヤーの文化に基づいている必要があります。組織の目的に基づいている必要があります

(A). 1と2
(B). 2と3
(C). 3と4
(D). 1と4



解答:D




出題:40
問題を解決するために、いつ変更要求を送信する必要がありますか?

(A). 問題の解決策が特定されるとすぐに
(B). 問題の回避策が特定されるとすぐに
(C). インシデントの頻度と影響の分析が変更を正当化するとすぐに
(D). コスト、リスク、および利益の分析が変更を正当化するとすぐに



解答:D




出題:41
意思決定のためにより良い情報を確実に利用できるようにするのに役立つ指針はどれですか?

(A). シンプルで実用的なものにしてください
(B). 全体的に考え、取り組む
(C). 最適化と自動化
(D). コラボレーションして可視性を促進する



解答:D




出題:42
イベントとして識別された状態の選択された変化を報告するサービスを観察することを含む目的を持っているプラクティスはどれですか?

(A). 情報セキュリティ管理
(B). 監視とイベント管理
(C). 事故管理
(D). 変更管理



解答:B




出題:43
標準的な変更について説明しているのはどれですか?

(A). 定義されたプロセスに従ってスケジュール、評価、および承認する必要がある変更
(B). 通常、サービスリクエストとして実装される変更
(C). 非常に徹底的な評価が必要なリスクの高い変更
(D). できるだけ早く実装する必要がある変更



解答:B




出題:44
問題や既知のエラーに関する情報は、「インシデント管理」にどのように貢献しますか?

(A). インシデントの迅速かつ効率的な診断を可能にします
(B). それは定期的なクライアントの更新の必要性を取り除きます
(C). インシデント解決中のコラボレーションの必要性を排除します
(D). 既知のエラーの再評価が可能になります



解答:A




出題:45
標準的な変更について説明しているのはどれですか?

(A). 定義されたプロセスに従ってスケジュール、評価、および承認する必要がある変更
(B). 通常、サービスリクエストとして実装される変更
(C). 非常に徹底的な評価が必要なリスクの高い変更
(D). できるだけ早く実装する必要がある変更



解答:B




出題:46
問題や既知のエラーに関する情報は、「インシデント管理」にどのように貢献しますか?

(A). インシデントの迅速かつ効率的な診断を可能にします
(B). それは定期的なクライアントの更新の必要性を取り除きます
(C). インシデント解決中のコラボレーションの必要性を排除します
(D). 既知のエラーの再評価が可能になります



解答:A




出題:47
ユーザーからの問題、クエリ、リクエストを所有および管理するプラクティスはどれですか?

(A). 事故管理
(B). サービスデスク
(C). 変更管理
(D). 問題管理



解答:B




出題:48
サービスの要件を定義し、サービス消費の結果に責任を負うものはどれですか?

(A). ITアセット
(B). クライアント
(C). 構成アイテム(CI)
(D). ユーザー



解答:B




出題:49
どの利害関係者がサービス関係で価値を共創しますか?

(A). 投資家およびサプライヤー
(B). 消費者とプロバイダー
(C). プロバイダーとサプライヤー
(D). 投資家と消費者



解答:B




出題:50
通常の変更について説明しているのはどれですか?

(A). 低リスクで事前承認された変更
(B). プロセスの後にスケジュールおよび評価する必要がある変更
(C). 通常、サービスリクエストとして開始される変更
(D). できるだけ早く実装する必要がある変更



解答:B